Traffic accident
交通事故

交通事故発生当初から完全サポート

1

正当な賠償を受けるためには、症状に応じた適切な治療が必要不可欠です。

とりわけ、後遺症が残存することが予想されるケースでは治療の実績や治療中の画像検査(レントゲン、MRI)等が重要です。

交通事故は正しい知識をもって早めに対応することが重要です。

法律事務所First Penguinは、交通事故事案に豊富な知識と経験があり、交通事故に遭われた方に対して、示談時だけではなく、事故の発生当初から解決に至るまで、完全にサポートをしています。法律事務所First Penguinは、事故発生当初、治療終了後、後遺障害認定申請時、示談交渉時のどの段階でご依頼されても、通常、着手金は無料で、弁護士費用は成功報酬からの後払いです(※弁護士費用特約ご利用の場合は、上記報酬体系とは異なりますが、特約先保険会社から弁護士費用(着手金)のお支払いがあるため、ご依頼される方の負担はありません。)

後遺障害診断書作成・申請時のきめ細やかなサポート

2

後遺障害認定を受けるためには、後遺障害診断書の記載内容がとても重要です。後遺障害診断書の記載内容によっては、通常認定を受けられる方でも、認定を受けられなくなる可能性もあるからです。

法律事務所First Penguinでは、後遺障害診断書作成の際にご依頼してくださったご依頼者様に対して後遺障害診断書作成時の注意点などをアドバイスしております。また、主治医の先生に対しても、文書による案内や面談などの実施をしています。

また、万一後遺障害診断書に記載すべきではないことが記載されているようなケースでは、主治医の先生に訂正の依頼をするなどきめ細やかな対応をしております。

法律事務所First Penguinは、交通事故によるむち打ちによる痛みや痺れなどの後遺障害から寝たきりになってしまった等の重度後遺障害のケースに至るまで豊富な経験と実績があります。

後遺障害認定を検討されている方や、これから後遺障害診断書を作成される方は、無料相談を実施していますので、ぜひ一度ご相談ください。

賠償金増額交渉の豊富な経験と実績

3

保険会社は保険会社独自の基準(任意保険会社基準)で、低額の適切とはいえない賠償額を提示して示談をまとめようとするのが通常です。

とりわけ、後遺障害が認定されたケースの場合には、保険会社の提示額から数百万円単位や数倍に賠償金額が増額することも稀ではありません。(※下記「後遺障害慰謝料の目安」をご参照ください。)

法律事務所First Penguinは、後遺障害のないケースから死亡事故のケースに至るまで賠償金額の増額についても豊富な経験と実績があり、適切な賠償金額である裁判所基準を前提に交渉をします。

賠償金が提示されたが、適切な金額か分からない、増額の可能性があるかどうか等お悩みの方は、賠償額の増額見積を無料にて行っていますので、是非一度ご相談ください。

​後遺障害慰謝料の目安

後遺障害等級

第1級

第2級

第3級

第4級

第5級

第6級

第7級

第8級

第9級

第10級

​第11級

第12級

第13級

第14級

​自賠責保険基準

1500万円

998万円

​861万円​

737万円

618万円

512万円

419万円

331万円

349万円

190万円

136万円

94万円

57万円

32万円

裁判所基準

2800万円

2370万円

1990万円​

1670万円

1400万円

1180万円

1000万円

830万円

690万円

550万円

420万円

290万円

180万円

550万円

​※赤い本をもとに裁判所基準を記載しています。
​後遺障害慰謝料の目安

後遺障害等級

第1級

第2級

第3級

第4級

第5級

第6級

第7級

第8級

第9級

第10級

​第11級

第12級

第13級

第14級

​自賠責保険基準

1500万円

998万円

​861万円​

737万円

618万円

512万円

419万円

331万円

349万円

190万円

136万円

94万円

57万円

32万円

裁判所基準

2800万円

2370万円

1990万円​

1670万円

1400万円

1180万円

1000万円

830万円

690万円

550万円

420万円

290万円

180万円

550万円

​※赤い本をもとに裁判所基準を記載しています。
​後遺障害慰謝料の目安

後遺障害等級

第1級

第2級

第3級

第4級

第5級

第6級

第7級

第8級

第9級

第10級

​第11級

第12級

第13級

第14級

​自賠責保険基準

1500万円

998万円

​861万円​

737万円

618万円

512万円

419万円

331万円

349万円

190万円

136万円

94万円

57万円

32万円

裁判所基準

2800万円

2370万円

1990万円​

1670万円

1400万円

1180万円

1000万円

830万円

690万円

550万円

420万円

290万円

180万円

550万円

​※赤い本をもとに裁判所基準を記載しています。
​後遺障害慰謝料の目安

後遺障害等級

第1級

第2級

第3級

第4級

第5級

第6級

第7級

第8級

第9級

第10級

​第11級

第12級

第13級

第14級

​自賠責保険基準

1500万円

998万円

​861万円​

737万円

618万円

512万円

419万円

331万円

349万円

190万円

136万円

94万円

57万円

32万円

裁判所基準

2800万円

2370万円

1990万円​

1670万円

1400万円

1180万円

1000万円

830万円

690万円

550万円

420万円

290万円

180万円

550万円

​※赤い本をもとに裁判所基準を記載しています。

法律事務所First Penguinの各段階でのサポート例

4

1

事故発生

依頼者様の代理人として当事務所の弁護士が保険会社との交渉の窓口に

物損(お車等の修理費用、代車代、過失割合等)の交渉についても対応

健康保険や労災保険を利用すべきかどうかについて明確にアドバイス

2

3

4

治療(入院・通院)

症状に応じて適切な賠償を受けるための通院アドバイス、必要な検査のアドバイス

後遺障害認定の可能性についての見通しをご案内

休業損害の請求・交渉

保険会社からの治療費の打ち切り交渉

​完治or症状固定

後遺症が残存した方には後遺障害診断書の作成のサポート

後遺障害申請時の添付資料を吟味

ケースに応じて医師面談、画像鑑定

後遺障害認定申請

認定結果に応じて、異議申立や紛争処理機構で調停

ケースに応じて医師面談、医療照会、画像鑑定等を実施

​5

6

示談交渉

裁判基準を踏まえ、豊富な経験と実績に基づき賠償金を増額交渉

裁判

訴訟メリットがあると見込まれるケースでは訴訟対応

債務整理手続

✔交通事故に遭ったばかりだが、何をしたら良いのか分からない

✔保険会社からの電話がストレスなので、代わりに対応して欲しい

✔保険会社から来月で治療費は支払わないと言われたが、治療を継続したい

✔保険会社から提示された過失割合に納得いかない

✔後遺障害認定を受けるためにはどうすれば良いのか分からない

✔後遺障害の認定結果に不服だ

✔保険会社から提示された賠償額が低いのではないか、増額交渉して欲しい

✔弁護士に依頼した場合に費用がどれぐらいかかるか心配

✔自分の保険に弁護士費用特約があったが、どうすれば良いのか

 

上記のようなケースに当てはまる方は、まずは一日でも早く当事務所にご相談されることをおすすめいたします。

 

法律事務所First Penguinは、初回相談は無料で実施しております。また、着手金は無料で、弁護士費用は成功報酬からの後払いです(※弁護士費用特約ご利用の場合は、上記報酬体系とは異なります。特約先保険会社から弁護士費用(着手金)のお支払いがあるため、ご依頼される方の負担は通常ありません。)。

今後の見通し、弁護士に依頼するタイミング、弁護士費用等を明確にご案内いたします。

お問い合わせ・ご面談予約

WEB
TEL
平日 朝10時〜夜18時まで受付
〒108-0074 東京都港区高輪2-14-17 グレイス高輪ビル8F